Chus チャウス 那須の大きな食卓

Facebook  |  Tumblr
2021/01/29 Fri

3/7 小倉ヒラク(発酵デパートメント)&大島さちえ(りんねしゃ)&宮本吾一(Chus)「発酵文化対談」

*イベント全体のお知らせはこちら

 

お醤油、味噌、糠漬け、日本酒。。。
日本人の生活と美味しい食事から切り離せないのが『発酵』です。

太古から日本人は『発酵』という自然の力を利用して
食べのもを保存したり、美味しくしたりしてきました。

でも発酵って目で見ることができませんよね。

そんな『発酵』というプロセスをデザインを通じて見えるようにするのが
『発酵デザイナー』小倉ヒラクさんです。

 

目に見えない微生物の働きによって生み出される奥深い世界。
その世界に船を漕ぎ出してくれる船頭さん。

その活躍は多岐に渡り、「発酵文化親類学入門」、「日本発酵紀行」といった
日本人と発酵の歴史や風土をまとめた書籍を執筆したり、

お味噌や塩こうじ、納豆を作るワークショップを開催したり、
お味噌やお酒など発酵醸造メーカーのアートディレクション、
誰にでもできるお味噌作りを歌と踊りで伝えるアニメ『てまえみそのうた』の制作したり。

そして去年、下北沢に「世界の発酵みんな集まれ!」を合言葉にしている
発酵の専門店『発酵デパートメント』をオープン。

 

そんな発酵のスペシャリストに、発酵文化の魅力を存分にお話していただきます。

 

対談相手は、

愛知県津島市の自然食品店「りんねしゃ」2代目の
大島さちえさん。

全国の醸造家や料理人まで信頼される食材や、
エシカルな雑貨「菊花せんこう」等を開発、販売。

りんねしゃ北海道農場で栽培する、
在来種の和ハッカ「赤丸薄荷」の商品開発や販売も。

また、こだわりのフードイベントやマルシェ等も手がけ、
野外フェス「森、道、市場」では発酵業界で注目の
蔵元やキーパーソンらと「発酵居酒屋」を企画したりと
多岐に渡り、活動中です。

そして、Chusから代表の宮本吾一も参戦。

 

発酵好きな人も、そうでない人も楽しめるトークショーになること間違いなし。

この3人からどんなお話しが飛び出すのか、お楽しみに!

 

■「発酵愛が止まらない!発酵文化対談」
・「発酵」ってそもそも何だろう?
・「発酵」仲間な2人の出会いと繋がり
・「発酵」への向き合い方と取り組み
・「発酵」の未来と今後の展望とは?



【詳細】
3月7日(日) 15:00〜 (90min)
※ 時間が少し延びる場合がございます。できればゆとりをもってご参加されることをおすすめします。
■ 参加費1,000円

→ご予約はこちらへ。

 

 

*イベント全体のお知らせはこちらへ。

【ご予約方法】
お申し込みはGoogleフォームから
手順にそっておすすみください。

Chus
Mail: info@chus-nasu.com
Tel :0287-74-5156