Chus チャウス 那須の大きな食卓

Facebook  |  Tumblr
2021/10/06 Wed

「バターのいとこ」のバナナスムージーから、塩キャラメル味が新登場!

Chusが手がける那須の新銘菓「バターのいとこ」の原料にも使われている、無脂肪乳(スキムミルク)を活用したアップサイクルドリンク「90 バナナスムージー(ナインティバナナスムージー)」から、塩キャラメル味が新登場! 有機質肥料を使用て栽培された「田辺農園バナナ(南米エクアドル産)」をまるごと1本使用したスムージーに、バターのいとこの塩キャラメル味にも使用しているキャラメルペーストをたっぷりと加えた一杯です。濃厚なバナナの味わいと、とろっとした食感、そしてキャラメルのコクのある甘みが絶妙にマッチした一杯を、2021年10月8日(金)から期間限定でお届けします。

【 商品詳細 】
商品名:90 バナナスムージー  塩キャラメル(田辺農園バナナ使用)
価格:864円(税込)
販売店舗:バターのいとこ Cafe、バターのいとこ 羽田空港第二ターミナル店 (サマンサグローバルアイランド内)
バターのいとこ×サマンサタバサ 東京スカイツリータウン・ソマチ店
ブランドサイト:https://butternoitoko.com/

 

「90 バナナスムージ」の “90” の理由
「90 バナナスムージー」の“90”は、バターを作る過程で生まれる無脂肪乳(スキムミルク)の割合を意味しています。実はバターは牛乳から5%しかとれない貴重なもの。残りの90%の無脂肪乳は、通常脂粉乳に加工して安価で販売されてしまいますが、無脂肪乳も酪農家が愛情を込めて作った牛乳の一部です。「もっとその価値を高められたら」と考え誕生した「バターのいとこ」に続き、新たに生まれたのが、この「90 バナナスムージー」。無脂肪乳を活用することで、生産者の方、観光客の方、地元の方を笑顔にする“しあわせの連鎖”が生まれ、世の食卓をより豊かにしてくれるおいしいバターを作ることにも繋がっています。

みんながうれしくなる “三方良し”のお菓子
「バターのいとこ」って?

“ふわっ、シャリッ、とろっ”の3つの食感が楽しい「バターのいとこ」は、酪農王国でもある栃木県・那須で牧場を営む酪農家たちの愛情が詰まったおいしい牛乳からバターを作る際に、その大半としてバターと共に生まれるものの、安価に販売されてしまう「無脂肪乳」の価値値を高めるために誕生したお菓子。東京・代々木八幡の人気レストラン「PATH」のオーナーシェフ、後藤裕一氏監修の元、フランスの地方菓子「ゴーフレット」をベースに、バターがふわっと香り、もっちりとわらかな生地で無脂肪乳のミルクジャムを挟んだ、新感覚なスイーツになっています。おいしいお土産としてたくさんの方に食べていただくことで、酪農家たちはバターを作りやすくなり、そのクラフトバターで世の食卓がより豊かなものに。そして地域には雇用が生まれ、地域活性化にもつながっていきます。食べる人も、原料を作る酪農家も、お菓子を作る地域も、すべての人が笑顔になる那須のしあわせ新銘菓です。